保証人が背負わなくてはいけない責任とは

様々な事柄において、保証人が必要になることがあります。 中でも代表的な例は、借り入れを受ける時です。 その役割は、万が一債務者が返済できなくなってしまった時に、債務の保証をした人が代わりに債務の返済を背負います。 借金の責任を負うという事になるので、信頼関係が強い間柄でなければなかなか引き受けてもらえるものではありません。 その多くは、大口ローンを契約するときに必要とされ、小口ローンでは保証をつけないまま契約することも多いです。 ですので、あくまでもローン商品により、借り入れには必ず保証人をつけなくてはいけないというわけではありません。 では、保証をしたことで債務の責任を背負うとはいえ、債務者と比べどのくらいの責任の重さが生じるのでしょうか。 これは、通常の保証と連帯保証によって異なります。 通常の保証では、まだ債務者の責任の方が重く、連帯保証では債務者と同等の責任が生じます。 よって、通常保証ならあくまでも返済は債務者自身に任せることができますが、連帯保証ですと返済能力によっては債務者ではなく保証人のほうへ返済請求が来る可能性があります。 それを踏まえると、連帯保証になる場合は慎重に検討する必要があるでしょう。 一般的に借り入れの保証は、自動的に連帯保証になっているため、契約内容をきちんと確認してください。 もし、この債務を放棄するとしたら連帯保証をした人が自ら自己破産をしなくてはいけないことになりますので、安易に保証をするのはおすすめできません。